子供の格安航空券の利用をお考えの親御さんに贈るナイスなアドバイスコラム

格安航空券を使って子供が登場する場合、LCCは制約があることが多いです。レガシーキャリアとは異なる点もありますので、格安航空券を使って子供が登場する場合は、確認しておくことをおすすめします。

■子供が登場する場合
LCCでは子供の区分がレガシーキャリアと異なっているます。レガシーキャリアでは生後8日から3歳未満を幼児になっていますが、LCCでは生後8日から2未満になっています。また小児はレガシーキャリアが国内線では3歳から12歳となっていますが、LCCには幼児の区分がなく、この年齢であれば大人の料金を支払わなけばなりません。

幼児の場合、膝に乗せる場合は無料になりますが、膝に乗せることができない2人目からは大人料金となります。LCCはこのようなところまで制限がありますので、よく確認しておきましょう。

■レガシーキャリアとそれほど変わらないことも
膝に乗せていれば無料になりますが、できない場合は大人料金になるのは料金が高くなる要因になるでしょう。また座席確保をする場合、予約をしなければならず、そのときにも別料金が発生することが多いです。子供ですので飛行機に乗って、はしゃいでしまうこともあるでしょう。

だからこそ目が届く距離の席を確保したい気持ちもわかりますが、その場合は別料金が発生することが多いです。ただし自由席であれば席の確保は簡単にできます。そのかわりチェックインをはやくしなければならない、またその締め切り時間が早いなど制約も多いです。

子供との搭乗はいろいろと制約が多いですので、チェックインする前ではなく予約するときに必ずチェックしておくことをおすすめします。また12歳未満の子供は単独搭乗できないLCCがほとんどですので、その点も把握しておきましょう。

子供の格安航空券の利用をお考えの親御さんに贈るナイスなアドバイスコラム

格安航空券を使って子供が登場する場合、LCCは制約があることが多いです。


Copyright© 2016年4月4日 管理人が推奨している格安航空券の予約・比較サイトを紹介するサイト
http://www.suprememetal.com All Rights Reserved.